ページの先頭です。
メニューを読み飛ばして、本文へ。
西陣.COMトップへ English サイトマップ
「西陣」とは? 西陣の歴史 西陣織について おびなび
西陣.COM資料室 リンク お問い合わせ
西陣織会館
ここから本文です。
西陣の歴史
真如堂縁起絵巻にみられる応仁の乱−真正極楽寺蔵−(一部)
1338年 室町時代 1467〜1477年 応仁の乱 1573年 室町幕府滅ぶ
応仁の乱の西軍本陣が名の由来

 ところが、室町時代の中頃、京都の街を舞台に東軍と西軍が争う応仁の乱が起こります。乱は11年間も続いたため、多くの職工たちが戦火を逃れて和泉の堺などに移り住み、大舎人町の織物業は壊滅状態となりました。しかし、戦乱が治まると彼らは再び京都に戻り、もとの場所にほど近い白雲村(現在の上京区新町今出川上ル付近)や、戦乱時に西軍の本陣であった大宮今出川付近で織物業を再開しました。西陣織という名前は、西軍の本陣跡、つまり西陣という地名がその由来です。

 大宮あたりの織物業者たちは大舎人座を復活させ、室町時代の末ごろには、この大舎人座が伝統ある京都の絹織物業を代表するものと認められるようになりました。

前のページ次のページ 戻る
トップページ「西陣」とは?西陣の歴史西陣織についておびなび西陣織会館西陣.COM資料室リンクお問い合わせEnglishサイトマップアクセシビリティについて
Copyright (C) 1997 - 2014 Nishijin Textile Industrial Association. All rights reserved.
バナー広告(広告をクリックすると外部サイトへリンクします)